toggle
2012-05-12

嵐山の名所「京都嵐山オルゴール博物館」

arashiyama_musicbox3世界的な観光地である嵐山に、私の大好きな隠れ(?)スポットがあります。
京都嵐山オルゴール博物館
「わざわざ嵐山に来てなんでオルゴール?」というお気持ちも分かります。が、ここのオルゴール博物館はアクセスも良いし(嵯峨野の竹林から徒歩数分)以下の理由でとってもおすすめです。

1.まず世界最古のオルゴールは何とここにあります。
何故スイスでもドイツでもなく嵐山にあるのでしょうか?スイスのオルゴールのトップメーカー、リュージュ社の前社長夫妻のコレクションの一部を引き継いでいるからだそうです。何故引き継いだか?それについては、具体的な理由は触れられていません。ミステリアス!

2.また、館内は小さいながらも、常時ツアー(オルゴール視聴&解説)が行われているので、希少なオルゴールのコレクションを沢山視聴できます。
例えば大型のポリフォン社MIKADOの音のふくよかさ、天から降り、地から湧いてくるような響きは、巷で良く流れている「可愛い」「何か癒される」オルゴールの音とは全く違いヨーロッパの教会の鐘の音を彷彿とさせます。

私はツアーに計3回参加して、ワンフロアの小さな博物館に3時間ぐらいいました。ガイドの方も「またお前か!」と思ったのか、微妙に解説や聴くものを変えたりと嬉しい心配りをしてくださいました。(夫が帰りたそうじゃなければ、更に2時間ぐらいいつきそうでした)

3.最後の魅力として、企画展にあわせて定期的に展示を入れ替えています
これも豊富なコレクションとスタッフの方の熱意によるものだと思います。

オルゴール博物館は沢山あるものの、今まで行った中で一番気に入りました。「オルゴールマニア」というより、「心地よい音マニア」なんだと思います。

アンティークオルゴールには単に「癒し」「可愛い」なんて言葉じゃすまされない魅力があります。古い時代にも、自動演奏で豊かな音が存在したことに驚きます
嵐山にお発ちよりの際は是非、お聴きになってください!

Related Posts