toggle
2014-11-15 | Blog, 日常

バンコクの音楽・楽器店事情

futta0664m
今週末から微笑みの国のタイに行ってきます!
なんと4年ぶりの海外旅行&飛行機、「怖い!不安!飛行機怖い!」が頭のなかで無限ループしております。
今回行くのはバンコク(+アユタヤ)だけなので、音楽にフィーチャーしてがっつり音楽関係をまわろうと思っています!

バンコクの楽器店事情

バンコクには楽器店が沢山あるようです。
経済がアゲアゲなので、どんどん増えているようですね。うらやましい!
参考にしたのは、
バンコクナビ「セントラル・ワールド・プラザはスポーツと音楽アイテムの宝庫!」
旅の知恵袋「古典楽器をみたいのだけど」
パパイア気分でパラノイア「バンコクの楽器屋さん事情」(おすすめ記事!)
などなど。
実際に行ってみて、帰国後レポートブログを書きたいですね。

タイの伝統楽器

ざっとみた感じ、かなり中国の楽器に影響を受けていてインドネシアの楽器にも似ていますね。
私家版楽器図鑑「タイの楽器」
中でも一番簡単なのが「キム」という打弦楽器だそうで、
こちらのカルチャースクールで一日体験レッスンが受けられるそうです。
マリサランゲージ&カルチャースクール
申し込みをしましたが、ぎりぎりだったので受講できるかどうか。
受講できたらこちらもブログに書きます!

タイの伝統舞踊

現地で予約するよりも、手配会社を通したほうが安く席を確保できるそうです。
今回申し込みを検討しているのは旅ランドという業者さんです。
これも見に行けたらブログに(以下略

あとバンコクハープセンターというのがあるそうなので、どの程度のセンターか見てきたいです
(個人のおうちでも驚かない覚悟はできています)

「一夜漬けタイ語」という本をひと通りさらって、何とかカタコトで喋れるようになりました。
飛行機の中で食べ物の名前を暗記します。食べ物の名前だけはいつも本気で覚えます。
それでは、行ってきまーす!

2014-01-20 | Blog, 日常

「手作り市」から学んだ、イベントの売り手側が気をつけたいこと。

先日鬼子母神の手作り市に行ってきました!
手作り市は、お菓子、パンからアクセサリー、焼き物、楽器までありとあらゆる「手作り」の売り手と買い手が出会う場所です。

私も年に2回ほどイベントでCDを対面販売していますが、ジャンルは違えどイベント販売の売り手をするときに活かしたいことが色々あったのでシェアしたいと思います。

1.売り手は暗い表情ではなく、笑顔かニュートラルな表情で

「いや、そんな暗い顔の人はいないだろう」と思いがちですが、緊張なのか寒さなのか、暗い表情の売り手さんが結構いました。そういったブースでは、往々にしてひと気がありませんでした。

ひと気がないから暗い表情なのかも知れませんが、負の連鎖を断ち切るために笑顔とは言わなくてもニュートラルな表情でいたいものです。

2.ブースが同系色ばかりだと、ひと目をひきにくい。遠くから自分のブースを見てみる。

真っ白の空間などは統一感があって素敵なのですが、両隣が華やかだったりすると、つい目がとばしてしまったりします。

3.レイアウトが完璧にしすぎない

これは主観も入っていますが、ブース自体があまりに完成されていたら、そこに手を触れて「作品を崩す」のがためらわれます。少し隙があるぐらいがちょうど良いのかも知れません。

4.最初は軽く声をおかけする程度で、ゆっくり見て頂く

ブースに立ち寄った時点では「軽くみたい」だけの場合が多いので、その時点で商品にかける熱い思いを語られるとひいてしまうかも知れません。
「こんにちは」程度の挨拶が最適です。「アイシングのクッキーですよ」など、作品の特徴を一言も良いかと。

5.しばらくブースにいて去ったお客さんにも名刺をわたす

商品をじっくり見た上で、買わずに去ったお客さん。

がっかりしがちですが、「色々検討してから考えたい」「今日の予算(手持ち)に合わなかった」だけかもしれません。商品をじっくり見てくださった時点で、かなり興味を持ってくださっているといえるので、立ち去る方に名刺やDMを渡すと家に帰ってみてくださる可能性が高いです。「通販をしています」だとか、「来月もイベントで販売します」との言葉を添えてお渡ししましょう。

6.イベントの前後は初めてのお客様を意識した記事を

渡された名刺からWEBにアクセスしても、最初に表示される記事が日常のことだと「?」となってしまいます。イベントの前後ははじめてのお客さんからのアクセスを想定して、自信作や来歴、今後の情報など載せると良いかと思います。

7.自分の作品のキーワードを見つける

沢山の出会いがあり、沢山名刺などを頂く場で記憶に残るのは作品のキーワードをしっかり持っていらっしゃる方でした。
ブースや名刺に共通のロゴを使うのもわかりやすかったです。

私が次のイベントで活かせるのか、こうご期待です(笑)

2013-08-13 | Blog, 日常

関西から関東に引越しました

関西から関東に引越しました。

関西には2年半住んだことになります。友人に「水を得た魚のよう」と言われましたが、2年半ですっかり馴染みました。ご飯が安くて美味しく、人が世話好きで、とても温かいところでした。毎週のように京都に行っていたなんて、今から思うと贅沢ですね。

関西で好きだった場所。
大阪はジュンク堂梅田店、中崎町、うつぼ公園界隈、南森町
京都は三条、西陣、長岡天神、一乗寺です。

音楽では指揮法を習い(下手くそでした)ゴスペル、ガムランに触れました。京都はケルト音楽があつい場所だったので、ティンホイッスルやアイリッシュハープに出会いました。

関東には関西に引っ越す前に7年半住んでいたのである意味帰ってきたことになります。

関東ではどんな出会いがあるだろう?
どんな音楽を作って行けるだろう?

子供の頃は引越しで離れた相手と付き合って行くのは難しかったけれど、大人になると引越しの度に好きな場所や人がどんどん増えていくのが楽しいですね。

関西での出会いを大切に、関東でも楽しんでいこうと思います。
DSC_2129
うつぼ公園にてとりました。

2013-01-21 | Blog, 日常

アートアクアリウムに行って来ました

大阪で本日まで開催されていたアートアクアリウムに行って来ました。

会期終了間近だったので、まさかの160分待ち。こういっちゃ身も蓋もありませんが、金魚を見るのに160分待ちですよ!心斎橋大丸の階段が2F〜14Fまで待機の人で埋め尽くされていました。

肝心の展示はどうだったかというと、刻一刻と変わるライトアップが幻想的。金魚、愛らしい。笑っているはずがないのに笑顔のように見えます。ヒレも人魚のように神秘的で綺麗。金魚の写真をひたすら200枚も撮ってしまったのも、アートアクアリウムならでは。

メインの展示は「花魁」がテーマ。グロテスクさとエロティックさがひそむ金魚鉢。金魚鉢の中を泳いでいるのは間違いなく生きた金魚なのですが、どことなく人工的な雰囲気。「こんな狭いところに沢山閉じ込められて金魚がかわいそう」と思いつつも、アートとして楽しんでしまっている自分自身に気づいて、背徳感と高揚の入り混じった不思議な気持ちになりました。

また行ってしまうんだろうな、アートアクアリウム。

2013-01-09 | Blog, 日常

2013年の目標

明けましておめでとうございます!
本年も石原けいこを宜しくお願い致します。

去年の目標を見返してみましたが、何と去年は目標を立てた時点で4月!1年の4分の1をなかったことにする大胆さ!
2◯年生きていてやっと気づきましたが、1年で出来ることって多いようで少ないです。1年1年の積み重ねが大事。そんな訳でたててみました。今年の目標。

2013年の目標

  1. 100曲作る
  2. ライブを3回する
  3. 春M3、秋M3に向けて新アルバムを出す
  4. 音大和声の本を3巻まで終わらせる
  5. Blogを週2回、年100回更新する
  6. 体重-6kg、体脂肪−8%
  7. 6:00起床を定着させる
  8. ウィーン・チェコを2週間旅する

シンプル!どれもコツコツ積み上げれば達成できるはずです。
今年は良い1年にしたいものです(写真は地元の初日の出。震えながら撮りました)

1 2 3