toggle
2018-11-22 | Blog, 音楽の話

【Blog】秋M3、ありがとうございました!

Share

ご無沙汰しておりました。本日東京は最低気温10度を下回り、すっかり冬の装いです。

M3での新作品の発表

さて、まず10月末の秋M3-2018というイベントで新しい作品を発表しました!

LapiLapi Sapphire Collectionという名前で、インストルメンタル(歌のない音楽)5曲を収録したものです。

今回はCDという媒体ではなくダウンロードカードという媒体で頒布しました。

名刺サイズのプラスチックのカードで、裏にかいてあるURLとシリアルコードを入力するとPCに音源をダウンロードすることができます。

M3ではまだまだCDを頒布している方がほとんどで、ダウンロードカードについてはちょっと説明不足だったかなと思います💦

ただわたしはM3やアイルランドでCDを山ほど買って「CDおっもい!!肩がちぎれる!!」と叫んだこともあるものですから、カードでの配布にメリットを感じています。

製作者側としても持ち運びが楽なのと、当日の朝まで音源を修正できたり、後日修正版にいれかえたりすることができたりして便利です。

また今回はじめて文書で各曲の解説を入れてみました。これについては好評をいただけたので、今後も続けていきたいと思います。

4年ぶりのM3

わたしは2015年から2017年までタイのバンコクで生活していたので、M3は2014年の秋、ちょうど4年ぶりの参加でした。

にも関わらず、「待っていました!」や「久しぶりですよね?」と声をかけてくださった方、またお話はできなかったけれど以前にもご購入いただいた方がブースに来てくださって本当に嬉しかったです。

新しくご購入してくださった方もありがとうございました!

迷わず全作品を購入してくださった方も何名かいらっしゃって、思わず「いいんですか?」と言ってしまいました。

色々お話ししたかったのに、この日、実はアイルランド旅行から帰国してまだ3日もたっていないころで、疲れが出て動悸が激しく立っていられない状態でした。

誰だこんなスケジュールを組んだのは?はい、わたしです。

購入してくださった方ともっとお話ししたかったし、お礼を伝えたかったです。この場をおかりして、本当にありがとうございました。

通販について

少し手元にあるLapiLapiSapphireCollectionのカードは、今後イベントとライブのみで販売したいと思います。

現在ダウンロード版をBOOTHというWEBショップでご購入いただけるようになっております。初回に登録のお手間がかかりますが、よろしければご覧になってください。
BOOTH 販売ページはこちら

さてアイルランドについてどうだったかというと、簡単に言うと「むっちゃ楽しかった!死ぬほど楽しかった!来年も絶対にいく!!」でした。

また別の記事で書きたいと思います!

Share
2018-09-28 | Blog, 音楽の話

【Blog】アイルランドに行きます・秋M3参加情報・欲しかったメガネを買いました

Share

波がありつつも音楽活動を楽しんでいる石原です!

来月アイルランドを旅行します

もし、余命が半年だったら
死ぬまでにしたいことをバケツリストというそうですが、その上位にいつもあったのは「アイルランドに行きたい/アイルランドで音楽を学びたい」ということ。

寝不足でテンションが上がりすぎていた今年の春、「おおっアイルランド行きの航空券が安い!」と思ってすぐテンションの高さゆえに航空券をとってしまったのです。

アイリッシュ音楽が好きといっても、ぜんぜん詳しくない今行ってどうするの?」という思いがありました。

ただTwitterに「今年アイルランドに行きます!」と投稿したあたりから、アイリッシュ音楽の演奏家の方やアイルランド旅行をした方、現地に住んでいた・現地に住んでいる方とTwitterでお知り合いになり、たくさんの情報と、「ぜひアイルランドを楽しんで!」とあたたかなお言葉をいただきました。

そしてこれは別の日記として書きたいのですが、最近アイルランドの片面太鼓「バウロン」を購入し、有名な演奏家の方のレッスンに通うようになりました。

バウロンの先生が、「楽器が弾けない今が一番モチベーションを保つのが難しい。今アイルランドで刺激をうけて、楽器をがんばるモチベーションをあげるのは大事。次にアイルランドに行ったときにはセッションに参加するという目標でがんばろう」と仰って、「そうか、初心者の今も行く価値はあるな」と思ったわけです。

アイルランド旅行は基本的にひとり旅なので十分な時間があります。宿では毎日旅行記を書こうと思っています!

秋M3について

2018年10月28日(日)に東京の流通センターにて行われる音楽販売イベント、秋M3-2018に実4年ぶりに参加いたします!

サークル名:LapiLapi
スペース番号:第二展示場2階 ク-03a

会場限定配布のミニアルバムを製作中です
(M3後にはデジタル配信予定)

近日専用のサイトを公開いたします!

アイルランド旅行の感想というか、てがきのお手紙のようなものも配布したいと思っています😀

メガネを買いました

先日ブログに書いた、8年前からずっとファンのメガネ屋さんでとうとうメガネを注文しました。
参考:すごく欲しいメガネに出会った

低価格のものでないメガネはじめて買いましたが、眼精疲労が激減しそうです!
借金してでもさっさと買えばよかった!」とお店で叫んでしまいました。

今オーダーメイドのレンズをまっているところなので、受け取ったらまたブログに書きますね。

激励のメッセージ、ありがとうございました!

お返事先を記入されていなかったので、こちらにて失礼します。

以前わずか数十枚しかつくっていない1stアルバム「はじまりへ」のご購入をいただきありがとうございました!

また、先日は激励のメッセージをいただきありがとうございます。メッセージを拝見してすぐ「あ!あの方だ!」と気づきました。

来年、生楽器を使ったアルバムのリリース民族楽器を使ったライブを行いますので、またときどきウェブサイトにいらしてくださいね!

Share
2018-08-22 | Blog, 音楽の話

【Blog】音楽と向き合えなかった昔と、再開できた今の話。

Share

自己紹介動画を作って、TwitterやYoutubeにあげてみました。

ひょっとしたらはじめてWEBサイトに来てくださる方向けではないと思いつつ、この記事をかきました。
私の人生を一言でいうと、「ふられつづけても永遠に音楽が好き」です。
何度も離れようとしたし、そのきっかけもあったし、実際離れていたときもあるのですが結局いつもここに戻ってきます。

2015年から最近まで、実際ほとんど音楽からはなれていました。
理由の1つは2015年から2017年まで東南アジアのタイにいたこと。
周辺国への旅行や人との出会いが楽しい一方、暗い部屋で(タイのおうちは日差しを避けるため暗いのです)一人で孤独に音楽を作ることへの情熱が薄れた期間でした。
引っ越しがきっかけで音楽の仕事や同人活動といった機会がなくなったのも原因です(オンラインで機会を作ろうとしたらいくらでも作れる時代なので、こちらは言い訳っぽいですが)

もう1つは体調不良。
帰国してある程度時間がたったとき、信じて数年間かよった病院での治療のために体のある場所が不可逆的(もう戻らない)にひどい状態になったことが、大学病院でのセカンドオピニオン、サードオピニオンでわかりました。
病院に通った6年間の時間と、100万円以上のお金が無駄になり、何よりひどい状態になった。
このことがわかったとき、私は眠れず、ストレスでお腹が痛くて食べられず、何も楽しめず、という状態になってしまいました。
いつもなら救いになってくれるはずの音楽を聞いても、ウィーン主席奏者の演奏を生で聞いても何も感じられなくなりました。

そんな状態からまた音楽が楽しい状態に戻ったきっかけは、なんだったのか。

1つはAmazonのAIスピーカーAlexa。CDを再生する気持ちにはならなかったのですが、リビングで手軽に音楽を聞くようになりました。
掃除や料理をしながら、アイリッシュ音楽を良く聞きましたね。

それから、大事な音楽仲間の友人に「自分のバイオリズムを記録すること」を教えてもらえたこと。
手帳に朝から晩まで自分の行動、気持ちや、体の症状を記録しました。
ちょっと調子が良い日に頑張りすぎてしまうこと、1日まるまるつらいわけでもないことがわかりました。

最後のきっかけは、母の手術と入院です。
母とはしょっちゅう電話をしていたのですが、私の体の状態を考慮して手術の直前まで、そのことを教えてもらえませんでした。
私の愚痴にも近い電話は、母の体に悪影響だったと思います。
何をしているんだろうと、激しく後悔しました。ちなみに母は無事手術がおわって退院して、今日もスカイプでBUCK-TICKについて話していました!

そんなわけで、私は今、作曲をはじめた中学生ぶりに楽しく音楽に向き合えています。
ブランクが長く、技術力はおち、情報にはついていけず、楽器は完全に初心者状態、ですが。
音楽が楽しいです。諦めなくて、本当に良かった。

Share
2018-03-27 | Blog, 音楽の話

【Blog】六義園のしだれ桜をみて動画を作りました。

Share

3年ぶりの桜に感動しています🌸

桜が目に入った瞬間のあの幸せな感じ、なんなのでしょうね。
春がきた喜びが体からあふれてきます。
日本人のDNAなのか、昔冬眠していたころの生物としての記憶なのか。

先週末は東京・駒込の六義園にしだれ桜をみにいきました。
そのとき撮った写真に、箏の音楽つけてみました。

今動画作成の練習をしているのですが、作り始めてYouTuberはすごいなあと思いました。動画作成はセンスがいるし、何より時間がかかる!エフェクト(画面を動かす処理)をいれればいれるほど、なんだかダサくなっちゃいます。

正直音楽を作っているほうが向いているし楽しいのですが、動画作成もときどき続けてみたいと思います。


動画内の音楽

少しブラッシュアップさせて、箏と尺八の合奏曲として公開しました。
→こちら

Share
2018-03-20 | Blog, 音楽の話

【Column】音楽を嗜む人が知っておきたい突発性難聴(2)治療編

Share

音楽を嗜む人のための突発性難聴(1)病院を選ぶまで編はこちらです。

病院での治療がはじまったら~治るまで

なるべく体を休めて、あまり気にしすぎないようにしましょう。
これが、難しいです。ネット上の色々な情報にふりまわされます。

中度以上の難聴の場合は、思い切って入院するのも手だと思います。
「安静にせざるを得ない」ので。

もし通院で治療することになり、十分な休養をとったのちに「なかなか治らない!どうしても治したい!!」と思ったら。
「補助療法」として、以下の様な取り組みがあります。

(1)「鍼」

突発性難聴の治療に専門的に取り組んでいる治療院があります。
私は鍼に通ったことで著しく良くなりました。

ただし、高額な上、効果に個人差があります。
私の場合は15万円をかけた治療で、聴力がぎりぎり標準域まで回復しました。
ただ私が通ったところについても、「30万かけて通院したが、効果がなかった」とブログに書いている方もいました。

私が通った東京の治療院が気になる方は、Twitterやコンタクトフォームよりご連絡下さい(かなり個人差があると思いますので、記載はさけました)

(2)その他 民間療法もろもろ

特効薬のない病気なので、色々なものや行為が「効くのでは?」と言われています。
※いずれも発症直後の急性期は避ける必要があります。急性期はとにかく「休むこと」が大切なので。

具体的な民間療法は
マッサージ、つぼ押し、体操、ガムをよく噛む、散歩をする、お水を一日2リットル飲む、クエン酸(梅干しなど)を摂取する、手の指と指のまたを逆の手のひらで手刀のように叩く、モーツァルトや自然音など高周波を含む音楽を聞くなど。

Amazonで「難聴」で検索すれば沢山の雑誌・本が出てきます。
「血行や代謝をよくする」というのがひとつのキーワードでしょう。

私には散歩と水をたくさん飲むことが効果がありました。
また、聞こえにくくなった音楽のかわりに、お笑いの動画を沢山みて笑ったことが回復につながりました。芸人さんに感謝です。

突発性難聴にかかったときのNG

■飛行機・新幹線など気圧の変化がある乗り物にのる
■ヘッドフォンを使った音楽鑑賞、大きな音を聞く、電話
■辛いものを食べる(特にトウガラシ)
■飲酒
■睡眠不足・長風呂・激しい運動など体力を消耗させる行為

はひかえたほうが良いと西洋医・鍼灸師にともに言われました。
(西洋医学の先生方は、「エビデンスはないけどそういう方が多い」という意見)

再発について

突発性難聴は基本的に再発しないそうです。再発ではなく後遺症として、再度具合が悪くなることはあるようです。

ただし、低音のみ聞こえが悪い「低音障害型感音難聴」の場合は再発する可能性が高いです。(突発性難聴とは異なる病気と定義されていますが、治療法は共通の部分が多い病気)
進行性の「メニエール病」(めまいを伴う場合が多い病気)の場合も同様です。

わたしの場合

私は正式には両耳で「低音障害型感音難聴」を発症しました。

完治はしていませんが、
(1)静かなときに若干気になる程度の耳鳴り (2)低音域が他の聴覚レベルよりも低い(ぎりぎり正常域)というレベルになっています。
このレベルで落ち着くまで、発症から約2年かかりました。落ち着いてから3年以上良い状態をキープしています。

今後も発信をつづけます

今でも難聴に関する本が出たら、ほとんどすべて買っています。
耳の健康に関する発信はライフワークと思っていますので、また個別に詳しい記事をあげていけたらと思います。

石原けいこ

Share
1 2 3 4 5 6