toggle
2018-08-22 | Blog, 音楽の話

【Blog】音楽と向き合えなかった昔と、再開できた今の話。

Share

自己紹介動画を作って、TwitterやYoutubeにあげてみました。

ひょっとしたらはじめてWEBサイトに来てくださる方向けではないと思いつつ、この記事をかきました。
私の人生を一言でいうと、「ふられつづけても永遠に音楽が好き」です。
何度も離れようとしたし、そのきっかけもあったし、実際離れていたときもあるのですが結局いつもここに戻ってきます。

2015年から最近まで、実際ほとんど音楽からはなれていました。
理由の1つは2015年から2017年まで東南アジアのタイにいたこと。
周辺国への旅行や人との出会いが楽しい一方、暗い部屋で(タイのおうちは日差しを避けるため暗いのです)一人で孤独に音楽を作ることへの情熱が薄れた期間でした。
引っ越しがきっかけで音楽の仕事や同人活動といった機会がなくなったのも原因です(オンラインで機会を作ろうとしたらいくらでも作れる時代なので、こちらは言い訳っぽいですが)

もう1つは体調不良。
帰国してある程度時間がたったとき、信じて数年間かよった病院での治療のために体のある場所が不可逆的(もう戻らない)にひどい状態になったことが、大学病院でのセカンドオピニオン、サードオピニオンでわかりました。
病院に通った6年間の時間と、100万円以上のお金が無駄になり、何よりひどい状態になった。
このことがわかったとき、私は眠れず、ストレスでお腹が痛くて食べられず、何も楽しめず、という状態になってしまいました。
いつもなら救いになってくれるはずの音楽を聞いても、ウィーン主席奏者の演奏を生で聞いても何も感じられなくなりました。

そんな状態からまた音楽が楽しい状態に戻ったきっかけは、なんだったのか。

1つはAmazonのAIスピーカーAlexa。CDを再生する気持ちにはならなかったのですが、リビングで手軽に音楽を聞くようになりました。
掃除や料理をしながら、アイリッシュ音楽を良く聞きましたね。

それから、大事な音楽仲間の友人に「自分のバイオリズムを記録すること」を教えてもらえたこと。
手帳に朝から晩まで自分の行動、気持ちや、体の症状を記録しました。
ちょっと調子が良い日に頑張りすぎてしまうこと、1日まるまるつらいわけでもないことがわかりました。

最後のきっかけは、母の手術と入院です。
母とはしょっちゅう電話をしていたのですが、私の体の状態を考慮して手術の直前まで、そのことを教えてもらえませんでした。
私の愚痴にも近い電話は、母の体に悪影響だったと思います。
何をしているんだろうと、激しく後悔しました。ちなみに母は無事手術がおわって退院して、今日もスカイプでBUCK-TICKについて話していました!

そんなわけで、私は今、作曲をはじめた中学生ぶりに楽しく音楽に向き合えています。
ブランクが長く、技術力はおち、情報にはついていけず、楽器は完全に初心者状態、ですが。
音楽が楽しいです。諦めなくて、本当に良かった。

Share
2018-08-22 | Blog, 日常

【Blog】すごく欲しい眼鏡に出会った

Share

最近音楽活動を再開しました!またおいおい更新していますので宜しくお願いします。

それはそうとして、すごく欲しい眼鏡に出会いましたので、その思いの丈をつづりました。

はるか昔に住んでいた巣鴨。地蔵通り商店街の奥にあまりにもオシャレな眼鏡屋さんがありました。
新進気鋭の日本人デザイナーによるラインナップで、フレームに七宝焼やステンドグラスなどを使っていたり、仮面舞踏会かと思うような個性的なデザインもあったり。
ほしかった眼鏡はフレームだけで5万円、「いつかお金持ちになったら絶対に買おう」と心に誓いました。
その眼鏡はフレームにすずらんモチーフのステンドグラスがあしらわれていて、控えめにいっても一度見たら忘れられない可愛さ。
買わない客にも親切なお店でした。

それから8年がたって、相変わらずお金持ちになってはいないけど20代から30代になって、その眼鏡屋さんに再び行ったのがおととい。「今日は買いません」とことわって色々似合いそうなものを持ってきて頂いて、一目惚れしたのがドイツの美しい図書館をモチーフにしたデザインの眼鏡。
「こういうのが好きそう」と。なんでばれたのでしょう。

レンズとフレームを合わせると、やっぱり6万円強。質を考えたら全然高くないのです。しかし、ふだん眼鏡はゾ○なので、だいたい5本ぶん。
「でも、数日国内旅行をしたらすぐ6万円ぐらいいっちゃうよね」といってもいない旅行を換算して悪魔がささやく。

優れたレンズがいかにブルーライトをカットするか実際にライトをあてて見せてくださいました。ゾ○のブルーライトカット、ふつうにカットできてない(製品説明にも100%ではない旨書かれています)一方、こちらのレンズ、青い光を全く通さない!!フレームはチタンで軽いし、店主が見立ててくれて私の顔にもピッタリです。

その日はひとまず家に帰ったのですが、わたしは眼鏡を毎日身に着けているし、大事じゃないかと。良い品なので5年ぐらい使うとして、1日あたり50,000円÷(365日☓5日)=27.4円です。一方10,000円の眼鏡を3年使うとして10,000円÷(365日☓3年)=約9.1円。
差額は一日18.3円、1年で約6,680円。
やっす!めっちゃやっす!!

いや、迷いつつ入っているAmazonPrimeの年会費は3,900円だし、6,570円稼ぐのは私には結構時間がかかるけど。
いかんせん大事な眼にかかわることなので。

そもそも眼鏡を買い換える前提なところで論理が破綻しているのですが、気づいています、大丈夫です。

毎日お店のウェブサイトをみては、いてもたってもいられない気分です。

うん、買いに行こう。

Share
2018-04-01 | Blog, Photo

【Photo】住宅街に咲き誇る桜たち

Share


撮影日 2018.3.29
ぽかぽかと気持ちよい日が続きます。
石原けいこ

Share
2018-03-27 | Blog, 音楽の話

【Blog】六義園のしだれ桜をみて動画を作りました。

Share

3年ぶりの桜に感動しています🌸

桜が目に入った瞬間のあの幸せな感じ、なんなのでしょうね。
春がきた喜びが体からあふれてきます。
日本人のDNAなのか、昔冬眠していたころの生物としての記憶なのか。

先週末は東京・駒込の六義園にしだれ桜をみにいきました。
そのとき撮った写真に、箏の音楽つけてみました。

今動画作成の練習をしているのですが、作り始めてYouTuberはすごいなあと思いました。動画作成はセンスがいるし、何より時間がかかる!エフェクト(画面を動かす処理)をいれればいれるほど、なんだかダサくなっちゃいます。

正直音楽を作っているほうが向いているし楽しいのですが、動画作成もときどき続けてみたいと思います。


動画内の音楽

少しブラッシュアップさせて、箏と尺八の合奏曲として公開しました。
→こちら

Share
2018-03-20 | Blog, 音楽の話

【Column】音楽を嗜む人が知っておきたい突発性難聴(2)治療編

Share

音楽を嗜む人のための突発性難聴(1)病院を選ぶまで編はこちらです。

病院での治療がはじまったら~治るまで

なるべく体を休めて、あまり気にしすぎないようにしましょう。
これが、難しいです。ネット上の色々な情報にふりまわされます。

中度以上の難聴の場合は、思い切って入院するのも手だと思います。
「安静にせざるを得ない」ので。

もし通院で治療することになり、十分な休養をとったのちに「なかなか治らない!どうしても治したい!!」と思ったら。
「補助療法」として、以下の様な取り組みがあります。

(1)「鍼」

突発性難聴の治療に専門的に取り組んでいる治療院があります。
私は鍼に通ったことで著しく良くなりました。

ただし、高額な上、効果に個人差があります。
私の場合は15万円をかけた治療で、聴力がぎりぎり標準域まで回復しました。
ただ私が通ったところについても、「30万かけて通院したが、効果がなかった」とブログに書いている方もいました。

私が通った東京の治療院が気になる方は、Twitterやコンタクトフォームよりご連絡下さい(かなり個人差があると思いますので、記載はさけました)

(2)その他 民間療法もろもろ

特効薬のない病気なので、色々なものや行為が「効くのでは?」と言われています。
※いずれも発症直後の急性期は避ける必要があります。急性期はとにかく「休むこと」が大切なので。

具体的な民間療法は
マッサージ、つぼ押し、体操、ガムをよく噛む、散歩をする、お水を一日2リットル飲む、クエン酸(梅干しなど)を摂取する、手の指と指のまたを逆の手のひらで手刀のように叩く、モーツァルトや自然音など高周波を含む音楽を聞くなど。

Amazonで「難聴」で検索すれば沢山の雑誌・本が出てきます。
「血行や代謝をよくする」というのがひとつのキーワードでしょう。

私には散歩と水をたくさん飲むことが効果がありました。
また、聞こえにくくなった音楽のかわりに、お笑いの動画を沢山みて笑ったことが回復につながりました。芸人さんに感謝です。

突発性難聴にかかったときのNG

■飛行機・新幹線など気圧の変化がある乗り物にのる
■ヘッドフォンを使った音楽鑑賞、大きな音を聞く、電話
■辛いものを食べる(特にトウガラシ)
■飲酒
■睡眠不足・長風呂・激しい運動など体力を消耗させる行為

はひかえたほうが良いと西洋医・鍼灸師にともに言われました。
(西洋医学の先生方は、「エビデンスはないけどそういう方が多い」という意見)

再発について

突発性難聴は基本的に再発しないそうです。再発ではなく後遺症として、再度具合が悪くなることはあるようです。

ただし、低音のみ聞こえが悪い「低音障害型感音難聴」の場合は再発する可能性が高いです。(突発性難聴とは異なる病気と定義されていますが、治療法は共通の部分が多い病気)
進行性の「メニエール病」(めまいを伴う場合が多い病気)の場合も同様です。

わたしの場合

私は正式には両耳で「低音障害型感音難聴」を発症しました。

完治はしていませんが、
(1)静かなときに若干気になる程度の耳鳴り (2)低音域が他の聴覚レベルよりも低い(ぎりぎり正常域)というレベルになっています。
このレベルで落ち着くまで、発症から約2年かかりました。落ち着いてから3年以上良い状態をキープしています。

今後も発信をつづけます

今でも難聴に関する本が出たら、ほとんどすべて買っています。
耳の健康に関する発信はライフワークと思っていますので、また個別に詳しい記事をあげていけたらと思います。

石原けいこ

Share
1 2 3 4 5 11